NEWS

お知らせ

屋根修理を大阪の業者に依頼する際の費用相場と業者選びのポイントをプロが解説

2021年04月30日

お役立ち情報・コラム

リフォーム工事はメンテナンスという形にはなるため、法的な根拠は新築と違ってないものの、良識のある工事業者は施工品質保証をするのが基本となっています。

なので工事業者を選ぶ際には、きちんと工事保証を付けている業者さんを選ぶことが重要です。

リフォーム瑕疵保険登録業者

また最近ではリフォーム瑕疵保険といって、有償ではありますが第三者機関が工事品質をチェック・保証をしてくれるものもあります。

これは登録業者でなければ利用することの出来ない保証になりますので、業者選びをする際には「リフォーム瑕疵保険登録業者」を選んでいくのも重要です。

工事終了後のアフターフォロー

良識のある工事業者というのは、自社の行った工事に対して責任をもっていますので、工事後のアフターフォローも行っています。

特に屋根工事というのは、台風などの天災によっても不具合が出る可能性がありますので、アフターフォローをしてくれる業者であればいざとい時にも頼ることができます。

そのため、工事業者を選ぶ際には、きちんとフォロー体制が整っている業者さんを選ぶようにしましょう。

根修理にかかる費用の平均的な相場【大阪エリア版】

屋根工事はリフォームの中でも費用がかかる工事内容のため、きちんと予算取りをする上でも相場観を知っておくのは重要です。

とはいえ、地域性などもあるため、ここでは大阪エリアで活動する業者さんの相場を例にご紹介します。
棟板金交換費用
棟板金部分というのは、台風や強風などでも最も飛ばされやすい部位でもあります。

部分的に交換したり、全てを交換することもありますが、大体の工事目安を覚えておくようにしましょう。

工事内容 費用相場
棟板金交換※部分補修 5~10万円
棟板金交換 20~35万円

漆喰補修工事一般住宅も築年数が経てば、いろいろな部位のメンテナンスが必要になってきます。

なかでも屋根というのは、家の中で快適に暮らすために最も重要な部分ではあるものの、イマイチその重要性にピンと来ない人も多いのではないでしょうか。

屋外環境というのは皆さんが考える以上に過酷で、太陽光・紫外線・雨・風などを受け続けることで、外壁や屋根はどんどん劣化をしていきます。

中でも屋根は一番紫外線なども受ける部分になるため、当然劣化のスピードも早いです。しかし毎日見る部分でもないため、気付いた時にはかなり劣化していたなんてことも多いですよね。

そこで今回は、屋根修理の重要性から業者選びのポイントなどを分かりやすく解説をしていきますので、是非参考にしてみて下さい。

屋根修理の役割と重要性

ここでは、屋根の役割からメンテナンスの重要性まで紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

美観性

外壁と同様に、屋根も美観性を向上させる上で重要なパーツということは覚えておくようにしましょう。

基本的には濃い色が多いですが、最近では遮熱性を高める上で若干明るい色をした屋根材なども多くなってきました。

外壁との色のバランスは見なければならないものの、キレイに一新することで美観性というのは向上していきます。

雨漏りを防ぐ

屋根の役割の中でも最も重要と言えるのが、雨漏りを防ぐということ。

特に木造住宅の場合は、雨漏れが起きてしまうことで躯体の木材が腐ってしまう原因にもなるため、屋根で雨漏りを布瀬ぐのは非常に重要なことと言えます。

また鉄筋コンクリート造の場合も同様で、雨漏りが起きてしまうことで内部の鉄筋が錆てしまうことで膨張し、爆裂という現象が起きてしまいますので注意が必要です。

建物を維持していく上で雨漏りを防ぐのは非常うに重要なことになりますので、屋根の役割というのは大きいです。

資産価値の向上

一昔前の屋根は、非常に重い瓦屋根などが多かったですよね。

しかし屋根というのは重量が増えれば増えるほど、地震の影響を受けやすいとされています。そこで近年の屋根材というのは軽量化もどんどん進んでいます。

屋根のメンテナンスをする際に、そういった軽量化屋根材を使用することで、地震にも強い住宅にすることができますので、屋根工事というのは自ずと資産価値の向上にも役立ちます。

屋根修理業者を選ぶ際のポイント


非常に重要なメンテナンスでもある屋根工事になりますので、きちんとした施工力のある業者を選ばなければなりません。

そこでここからは、具体的にどういった業者を選んでいけば良いのか?という部分について紹介していきますので、是非参考にしてみて下さいね。

地域に根付いた業者を選ぶ

まず施工業者を選ぶ際には、地域に根付いた業者さんを選ぶようにしましょう。

お住まいと同じエリアの業者さんを選ぶことで、責任のある工事を行ってくれることも多いです。

さらに地域で長年営業している業者さんというのは、信用・実績を積み上げている証拠でもありますので、まずは地域密着している業者さんを探すようにして下さい。

工事保証の有無

屋根工事というのは別の工事とは違い、雨漏りにも直結していく工事です。

そのため、新築工事であれば10年以上の補償をするのが法律でも決まっている部位となっています。

瓦屋根などの場合は棟部分に漆喰が施工されていますが、経年的な劣化で剥がれたり欠落していく事が多いです。

そのため漆喰も定期的に塗り直しの作業が必要になってきます。

工事内容 費用相場
漆喰補修 35~60万円

雨樋修理・交換

雨樋は経年劣化で変形したり、積雪などでも破損することもあり、継手部分などの接着も経年劣化で剥がれたりすることもあります。

部分的な補修や全面的な交換で費用感もだいぶ変わっていきますので、参考程度にとどめておいて下さい。

工事内容 費用相場
部分的な補修・交換 1~5万円
全面的な交換 25~60万円

雪止め設置

雪止めのない屋根の場合、積雪などで雨樋が破損してしまうケースがありますので、新たに取り付けることもあります。

なお屋根の形状や種類によっては設置できないケースもあるので、詳細は業者さんに確認するようにして下さい。

工事内容 費用相場
雪止め取付※千鳥配置 10〜30万円

カバールーフ工事

最近の屋根材は非常に軽量になってきているので、費用を抑えられるカバー工法が主流になってきました。

ジンカリウムやガルバリウムなど屋根材もさまざまですが、大体の目安を知っておくようにしましょう。

工事内容 費用相場
カバールーフ※80㎡ 80〜160万円

屋根葺き替え工事

屋根工事の中でも、一番施工規模が大きく大掛かりな工事といえるのが、葺き替え工事となります。

当然使用する屋根材などによっても価格は開いてきますが、ここでは一般的な相場についてご紹介をします。

工事内容 費用相場
屋根葺き替え工事※80㎡ 120〜250万円

屋根修理事例はこちら

まとめ

屋根というのは、普段あまり気にしていない部分でもありますので、気付いたときには劣化が進行していたりすることも多いです。

また見えない部分で雨漏りが起きていることも多く、調査をしてみるとかなり傷んでしまっていたということもありますので、定期的なメンテナンスというのは非常に重要です。

ただし、専門性も高い工事内容となってきますので、工事保証やフォロー体制などが整っている専門業者に依頼するようにしましょう。
屋根修理などのお家のお悩み事なら住まいる工務店にお任せください。
お問い合わせはこちら

この記事の筆者

住まいる工務店

「住まいる工務店」は、業界歴15年、住宅リフォーム工事を中心とした各種内外装リフォーム全般(塗装工事/外壁工事/屋根工事/水廻り改修/室内リフォーム/設備機器交換/エクステリア/不用品処分/他)を行っております。親切丁寧をモットーに、小さな修理から大規模な改修まで、住まいに関するお悩みに寄り添います。快適な暮らしを支える住環境のパートナーとして、末長くお付き合いさせていただけたらと思います。従業員一同、感謝の気持ちを胸に、日々の業務に取り組んでいます。

保有資格:1級建築施工管理技士/1級塗装技能士/リフォームスタイリスト/雨漏れ診断士

  • Tweeter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事